白泥藻掛け宝瓶

手作り急須の会 片山白山

通常価格 ¥11,000 (税抜)

配送料は購入手続き時に計算されます。
在庫数:2

白い肌に藻がきらきら光る作品です

 

<常滑焼きの伝統工芸 藻掛け釉>

素地へアマモ(こあまも、こあじも、とも言う)を巻き付け、焼成する、アマモに含まれた塩分が、素地に触れた部分だけ緋色を呈させる。

常滑の陶工 伊奈長三(天明元年1781~安政4年1857)が天保年間に創始したとされている。

アマモとは海草の一種で、アマモの様な海草や海藻の周辺は、小魚やえび等多くの生き物の餌場であり外敵からも身を守るゆりかごの様なものである。

 

作家名: 片山白山

サイズ: 12 X 10 X 6 (H) cm